お知らせ
令和2年1月10日
厄祓い、災難除けについて
当社では古来より立春の日を基準にして厄年を定めています。
そのため前日となる節分の日に、厄祓い(厄年でない方は災難除け)を行い、
翌年からの1年間が無事に過ごせるように御祈願いたします。

令和2年は、2月3日(月)、16時~21時の間、随時、厄祓い、災難除けを行っております。
(予約の必要はありません)
また2月3日のみ、当社に伝わる村上天皇の宝剣による剣の祓いを行い、
厄祓い・災難除けの御守りと、剣の守りの札を授与しておりますので、
出来る限り古来通り、節分の日に御祈祷を受けられることをお勧めいたします。

また、当日ご都合がつかない方は、
2月9日(日)14時~17時の間も随時、厄祓い、災難除けを行います。
予約の必要はありません。

上記の日時(2月3日、2月9日以外)に御祈祷を希望される方は、
お受けできない日もございますので、事前の予約をお願い致します。

※剣の祓い、剣の守りの札の授与は2月3日のみです。
※2月3日より前は厄祓い、災難除けはお受けできません。

ご不明な点はお問合せ下さい。
浅間神社社務所03ー3679ー6183
午前9時~午後5時まで
令和2年1月10日
古いお札、お守りについて
古いお札、お守りにつきましては、神社でお受けになられたものでしたら、
お焚き上げ神事が終わった後も、一年中、社務所にてお預かり致します。
しかしながら、遠方など仕方がない場合を除き出来る限り、
お受けになられた神社にお返し下さい。

ご不明な点はお問合せ下さい。
浅間神社社務所03ー3679ー6183
午前9時~午後5時まで
令和元年12月6日
戌の日参り(安産祈願)について
 戌の日参りとは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、母子の健康を祈願する安産祈願の事です。
戌はたくさんの子を産み、お産が軽いので戌の日に安産祈願をするようになったと言われております。
当社の御祭神であるコノハナサクヤヒメノミコトは安産の神様といわれております。
下に令和2年3月までの戌の日をお知らせ致します。
12月3日、12月15日、12月27日
1月8日、1月20日
2月1日、2月13日、2月25日
3月8日、3月20日
以上が月までの戌の日となります。
妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日と記載しましたが、その日にこだわらず、
体調を第一にお考えください。
また、当社では戌の日以外の日でも安産祈願をいたしております。
御祈祷につきましては、当ホームページの「御祈祷のご案内」をご覧ください。
お知らせ一覧